影響を受けるジョブを手動でアップデートする - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

このエントリーを使って、ツリービューに一元管理されている項目のパラメーターへの変更をジョブにプロパゲートさせる前に、変更によって影響を受けるすべてのジョブを表示できます。この操作は次の手順で行います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、どのジョブが使っているのかをチェックしたいエントリーを含むノードを展開します。
  2. このエントリーを右クリックして、[Detect Dependencies] (依存項目の検出)を選択します。
    進行状況バーは変更されたメタデータまたはコンテキストパラメーターを使用するすべてのジョブをチェックするプロセスの状況を示します。その後ダイアログボックスが表示され、変更された項目を使用するすべてのジョブの一覧を示します。
    注: このダイアログボックスは、ツールバーのアイコンをクリックして表示することもできます。
  3. 変更されたメタデータまたはコンテキストパラメーターと共にアップデートするジョブに対応するチェックボックスをオンにし、アップデートしないジョブに対応するチェックボックスをオフにします。
  4. [OK]をクリックして確定し、ダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

注: アップデートしない選択をしたジョブについては、リポジトリーへのリンクを維持できないため、[Built-in] (組み込み)に戻ります。このようにして、ジョブの設定は変更前の状態を保持します。