ユースケース: DqStringHandlingルーチンを使って文字列を処理 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このユースケースでは、3つのコンポーネントで構成されたジョブが複数のDqStringHandlingファンクションを同時に使用して、複数の所定の文字列を処理します。

このジョブの3つのコンポーネントは次のとおりです。

  • tFixedFlowInput: このコンポーネントによって、選択したDqStringHandlingルーチンによって処理される文字列が返されます。

  • tMap: このコンポーネントは、選択したDqStringHandlingルーチンを使用して所定の文字列を変換します。

  • tLogRow: このコンポーネントはこのジョブの実行結果を表示します。

このユースケースを複製するには、次の手順に従います。

結果から、contains_only_initials行はU.S.A.の前にスペースがあったためfalseを出力しcontains_only_initials_after_trimではスペースが切り詰められたのでtrueが示され、safe_trim行はスペースが切り詰められたU.S.A. を出力し、safe_concat行は U.S.A.を出力したことがわかります。Global Business Servicesを出力したことがわかります。