ルート内でCamelコンポーネントを使用 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Camelコンポーネントは、camel-mina、camel-http4など多数のコンポーネントがサポートされていますが、[Palette] (パレット)には直接含まれていません。これらのコンポーネントを使用するには一般的なcMessagingEndpointが必要であり、ルートにそれらのライブラリーを追加する必要があります。Talend Studioより以前に公開されたすべてのバージョンのCamelコンポーネントがサポートされます。

警告:

ルート内でCamel外部コンポーネントを使用するプロセスは、ジョブ内で外部コンポーネントまたはユーザーコンポーネントを使用するプロセスとは異なります。ジョブ内で外部コンポーネントまたはユーザーコンポーネントを使用する方法については、ユーザーコンポーネントフォルダーを指定をご覧ください。

次のスクリーンショットは、camel-minaコンポーネントが使用されているサンプルを示します。

ルートにcamel-minaのライブラリーを追加するために、同じcMessagingEndpointコンポーネントを使用して、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Dependencies] (依存項目)リストにminaを追加できます。

また、[cConfig]を使用してcamel-minaのライブラリーを[cConfig]コンポーネントの[Dependencies] (依存項目)リストに追加できます。

Camelコンポーネントの実際のユースケースは、データサービスとルーティングの例をご覧ください。