ジョブでリポジトリースキーマを部分的に使用 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-03-20

リポジトリースキーマの使用時に、事前定義済みカラムすべてを使用するわけではない場合、スキーマを組み込みスキーマに変更せずに特定のカラムを選択できます。

データベース出力コンポーネントでリポジトリースキーマを部分的に使用する方法は次のとおりです。使用しているコンポーネントによってプロシージャーが若干異なります。

手順

  1. [Basic settings] (基本設定)タブで、[Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...] ボタンをクリックします。[Edit parameter using repository] (リポジトリーを使用してパラメーターを編集)ダイアログボックスが表示されます。デフォルトでは、[View schema] (スキーマを表示)オプションが選択されています。
  2. OKをクリックします。[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスが開き、スキーマ内のカラムがすべて表示されます。カラム名の前にある[Used Column] (使用カラム)チェックボックスは、そのカラムが使用されているかどうかを示します。
  3. 使用するカラムを選択します。
  4. OKをクリックします。メッセージがボックスが表示され、クエリーの推測を実行するよう求められます。
    注:

    クエリーの推測操作が必要なのはデータベースメタデータに限られます。

  5. OKをクリックし、メッセージボックスを閉じます。[Propagate] (プロパゲート)ダイアログボックスが表示されます。[Yes] (はい)をクリックし、変更を反映させてダイアログボックスを閉じます。
  6. [Basic settings] (基本設定)タブで、[Guess Query] (クエリーを推測)をクリックします。[Query] (クエリー)エリアに、選択したカラム名が予想通り表示されます。