リソースをジョブに使用 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-02-13

ジョブの[Contexts] (コンテキスト)ビューにコンテキスト変数を追加することで、ジョブにリソースを使用できます。

注: リポジトリーコンテキスト変数経由によるリソースの使用は、まだサポートされていません。

手順

  1. ルートリソースを作成の説明に従ってリソースを作成します。

    この例では、AirportInfoという名前のリソースを作成して、ローカルテキストファイルの空港情報を読み取ります。
  2. リソースを使用するジョブを開きます。

    この例では、ジョブにあるコンポーネントは、tFileInputDelimitedtLogRowの2つだけで、 [Row] (行) > [Main] (メイン)接続で接続されています。
  3. ジョブの[Contexts] (コンテキスト)ビューに、このサンプルでは、タイプがResourceresourceFileという名前のコンテキスト変数を追加します。

  4. コンテキスト変数の[Value] (値)フィールドをクリックし、ボタンをクリックし、[Select a Resource] (リソースの選択)ダイアログボックスでリソースを選択します。
  5. tFileInputDelimitedコンポーネントの[Component] (コンポーネント)ビューで、リソースコンテンツのストラクチャーに従ってコンポーネントスキーマを定義します。
  6. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、リソースのコンテキスト変数を指定します。

    このサンプルでは、context.resourceFileと入力します。

タスクの結果

実行すると、ジョブはリソースで定義した入力ファイルのコンテンツを読み取り、表示します。入力ファイルをジョブの依存項目としてジョブをエクスポートし、ファイルをターゲットマシンにコピーせずに、別のシステムにデプロイできます。