既存のコンテキストグループの変数を使用して接続を設定 - Cloud - 7.3

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

リポジトリーに一元的に保存された既存のコンテキストグループの変数を使用して接続を設定するには、次の手順に従います。

手順

  1. ウィザードでメタデータ接続を作成または編集する時に、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックします。
  2. 開いた[Create/Reuse a context group] (コンテキストグループを作成/再利用)ウィザードで、[Reuse an existing repository context] (既存のリポジトリーコンテキストの再利用)を選択してから[Next] (次へ)をクリックします。
  3. リストからコンテキストグループを選択して、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. それぞれの変数について、接続の詳細の対応するフィールドを選択し、[Next] (次へ)をクリックしてコンテキスト変数を表示および編集するか、[Finish] (終了)をクリックして接続の設定結果を直接表示します。
    この例では、[Next] (次へ)をクリックします。
  5. 必要に応じてコンテキストやコンテキスト変数を編集します。変更があると、一元化されたコンテキストグループは自動的にアップデートされます。
    コンテキストおよび変数の処理についての詳細は、コンテキストおよび変数の使用をご覧ください。
  6. [Finish] (終了)をクリックしてコンテキストの再利用を確定し接続ウィザードに直接戻ります。
    ウィザードの関連する接続の詳細フィールドは、コンテキスト変数で設定されます。
    接続の詳細の設定を解除するには、[Revert Context] (コンテキストを復元)ボタンをクリックします。