子ジョブに値を渡すための親ジョブを作成する - 7.3

System (システム)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > システムコンポーネント

始める前に

テキストファイル(この例ではin.text)が作成済みであること。
id;name;scope
1;Shong;98
2;Ross;90
3;Tom;55
4;Patrick;99
5;Pedro;90

手順

  1. ParentJobという標準ジョブを作成し、次のように設定します。
  2. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、パラメーターを設定します。
    • [File Name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ソースファイルを参照します。この例ではin.txtです。
    • [Header] (ヘッダー)1に設定します。
    • [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックし、スキーマに3つのカラムを追加します(IntegeridStringnameIntegerscope)。
  3. tFlowToIterateコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)で、[Use the default (key,value) in global variables.] (グローバル変数でデフォルトの(キー、値)を使用します。)ボックスがオンになっていることを確認します。
  4. tRunJobコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、パラメーターを設定します。
  5. [Job] (ジョブ)フィールドで子ジョブを選択します。この例ではChildJobです。
  6. [Context Param] (コンテキストパラメーター)フィールドで[+]ボタンをクリックし、子ジョブの[Context] (コンテキスト)タブで定義した2つのパラメーターを追加します。この例ではnamescopeです。
  7. 各パラメーターの値を定義します。name(String)globalMap.get("row1.name")scope(Integer)globalMap.get("row1.scope")です。
  8. [Ctrl] + [S]を押し、変更内容を保存します。
  9. [F6]を押して、親ジョブを実行します。

タスクの結果

以下の結果がコンソールに出力されます。