tSSH標準プロパティ - 7.3

System (システム)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > システムコンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtSSHの設定で使用されます。

[Standard] (標準)tSSHコンポーネントはシステムファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、ジョブの先行コンポーネントからスキーマを取得します。

 

[Built-In] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成して、ローカルに保管します。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブフローチャートで再利用できます。関連項目:Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Host] (ホスト)

IPアドレス

[Port] (ポート)

リスニングポート番号

[User] (ユーザー)

ユーザー認証情報

[Public Key] (パブリックキー)/[Key Passphrase] (キーパスフレーズ)/[Private key] (プライベートキー)

該当するオプションを選択します。

[Public Key] (パブリックキー)の場合は、必要に応じてパスフレーズを入力し、[Key Passphrase] (キーパスフレーズ)フィールドで[Private key] (プライベートキー)フィールドにプライベートキーを入力するか、[Private key] (プライベートキー)フィールドの横にある3点ボタンをクリックして参照します。

パスフレーズを入力するには、パスフレーズフィールドの横の[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスフレーズを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Password/Password] (パスワード/パスワード)

該当するオプションを選択します。

[Password] (パスワード)の場合は、[Password] (パスワード)フィールドに必要なパスワードを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Keyboard Interactive/Password] (キーボードインタラクティブ/パスワード)

該当するオプションを選択します。

[Keyboard Interactive] (キーボードインタラクティブ)の場合は、[Password] (パスワード)フィールドに必要なパスワードを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Pseudo terminal] (擬似端末)

このチェックボックスをオンにすると、端末操作を実行する対話式シェルが呼び出されます。

[Command separator] (コマンドセパレーター)

必要なコマンドセパレーターを入力します。[Pseudo terminal] (擬似端末)チェックボックスをオンにすると、このフィールドは使用できなくなります。

[Commands] (コマンド)

リモートコンピューターから返される関連情報のコマンドを入力します。[Pseudo terminal] (擬似端末)チェックボックスをオンにすると、このテーブルは端末エミュレーターになり、このテーブルの各行が1つのコマンドになります。

[Use timeout/timeout in seconds] (タイムアウトを秒単位で使用)

タイムアウト時間を定義します。実際の応答時間がこの予想される処理時間を超えると、タイムアウトメッセージが生成されます。

[Standard Output] (標準出力)

標準出力が返される送信先を選択します。出力は以下のように返されます:

-to console: 出力は、[Run] (実行)ビューのコンソールに表示されます。

- to global variable:出力は対応するグローバル変数に示されます。

- both to console and global variable: 出力はコンソールおよびグローバル変数の両方に示されます。

- normal: 出力は、標準のssh出力になります。

[Error Output] (エラー出力)

エラー出力が返される送信先を選択します。出力は以下のように返されます:

-to console: 出力は、[Run] (実行)ビューのコンソールに表示されます。

- to global variable:出力は対応するグローバル変数に示されます。

- both to console and global variable: 出力はコンソールおよびグローバル変数の両方に示されます。

- normal: 出力は、標準のssh出力になります。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

STDOUT: リモートコマンドの標準実行の出力。これはAfter変数で、文字列を返します。

STDERR: リモートコマンドのエラー実行の出力。これはAfter変数で、文字列を返します。

EXIT_CODE: リモートコマンドの終了コード。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントはスタンドアロンコンポーネントとして使用できます。

パスワードやユーザー名などの機密情報については、[Contexts] (コンテキスト)タブでコンテクスト変数を定義し、[Ctrl] + [Space]を押してアクセスできます。

注: このコンポーネントによって返されるデータのサイズが大きい場合があります。ジョブの完了に非常に長い時間がかかる場合は、より多くのメモリスペースを割り当てます。Run (実行)タブの [Advanced settings] (詳細設定)ビューで、ジョブのメモリスペースを設定できます。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): Main

[Trigger] (トリガー): Run if; On Component Ok; On Component Error; On Subjob Ok; On Subjob Error

受信リンク (あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): Main; Iterate

[Trigger] (トリガー): Run if; On Component Ok; On Component Error; On Subjob Ok; On Subjob Error

接続に関する詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[Limitation] (制限事項)

コンポーネントの使用は、Unixライクシステム向けに最適化されています。