キャッシュメモリからのデータ読み取りによる高速データアクセス - 7.3

Technical

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント

以下のジョブでは、キャッシュメモリから、2つのtHashOutputコンポーネントによってロードされた大量のデータを読み取って、tFileOutputDelimitedに渡します。このシナリオの目標は、大量のデータが読み書きされる速度を示すことです。実際、大量のデータの参照が必要な一部のユースケースでは、このように生成されたデータフィードをルックアップテーブルとして使うことができます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。