反復子が同じサブジョブ内にある場合に備え、データをロードする前にメモリを消去 - 7.3

Technical

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント

このシナリオでは、tHashOutput[Append] (追加)オプションの使用方法を示します。このオプションを使用すると、tHashOutputと同じサブジョブに反復子がある場合に、反復するデータまたは不要なデータを削除できます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

ジョブを作成するには、次の手順を実行します。