データ入力とハッシュキャッシュの設定 - 7.3

Technical

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント

手順

  1. tLoopコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. ループタイプとしてForを選択します。[From] (開始)[To] (終了)[Step] (ステップ)フィールドにそれぞれ121と入力します。[Values are increasing] (値は増加し続ける)チェックボックスはオンのままにします。
  3. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択します。
    注:

    関連メタデータがリポジトリーに格納されている場合は、[Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択して、関連フィールドを自動入力できます。[Metadata] (メタデータ)の詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  5. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、入力フローのデータ構造を定義します。この場合、入力には1つのカラム、[Name] (名前)があります。
  6. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. [Number of rows] (行数)フィールドに行数を入力して、出力するエントリ数(1など)を指定します。
  8. [Use Single Table] (単一テーブルの使用)チェックボックスをオンにします。[Values] (値)テーブルで、Marxなど値を[Name] (名前)フィールドに割り当てます。
  9. tHashOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  10. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択し、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして先行コンポーネントからスキーマを取得します。[Keys management] (キー管理)ドロップダウンリストから[Keep all] (すべて維持)を選択し、[Append] (追加)チェックボックスをオフにします。