ハッシュキャッシュとデータ出力からのデータ取得の設定 - 7.3

Technical

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > テクニカルコンポーネント

手順

  1. tHashInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択します。[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックしてデータ構造を定義します。これは、tHashOutputのデータ構造と同じです。
  3. Component list (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストからtHashOutput_2を選択します。
  4. tLogRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビュー表示します。
  5. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択し、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして先行コンポーネントからスキーマを取得します。[Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択します。