tTeradataFastLoadUtility標準プロパティ - 7.3

Teradata

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtTeradataFastLoadUtilityを設定するために使います。

Standard tTeradataFastLoadUtilityコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

[Execution platform] (実行プラットフォーム)

使用するオペレーティングシステムのタイプを選択します。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのホスト名またはIPアドレス。

[Database name](データベース名)

データベース名。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Table] (テーブル)

書き込まれるテーブルの名前。一度に1つのテーブルしか書き込めないことにご注意ください。

[Schema] (スキーマ)および[Edit Schema] (スキーマを編集) (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

 

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Script generated folder] (スクリプト生成フォルダー)

ディレクトリーを参照し、作成されるファイルの保存先を選択します。

[Load file] (ロードファイル)

ディレクトリーを参照し、データをロードするファイルを選択します。

[Field separator] (フィールド区切り)

フィールドを区切るための文字、文字列、または正規表現。

[Error file] (エラーファイル)

ディレクトリーを参照し、エラーメッセージを記録するファイルの保存先を選択します。

詳細設定

[Define character set] (文字セットの定義)

システムで使用する文字のエンコーディングを指定します。

[Check point] (チェックポイント)

チェックポイント値を入力します。

[Error files] (エラーファイル)

エラーメッセージが保存されているファイルの名前を入力します。デフォルトでは、コードERRORFILES table_ERR1, table_ERR2が入力されます。つまり、エラーメッセージを記録するために2つのテーブルtable_ERR1table_ERR2が使用されます。

[Return fastload error] (fastloadエラーを返す)

このチェックボックスをオンにすると、コンソールにエラーメッセージを表示するポイントを示す終了コード番号を指定できます。

[ERRLIMIT] (エラー制限)

ロードフェーズ中に検出されたエラーの制限数を入力します。制限に達すると、処理は停止します。

デフォルトエラー制限値は1000000です。

詳細は、Teradata FastLoad Referenceを参照してください。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計情報)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントでは、DBクエリーの柔軟性が提供されており、使用可能なすべてのSQLクエリーが網羅されています。