tTeradataLookupInput - 7.3

Teradata

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

スキーマ定義に対応する必要がある厳密に定義された順序でデータベースクエリーを実行します。

抽出データはtMapに渡し、ルックアップデータをメインフローに提供します。tMapコンポーネントには直接接続する必要があり、このtMapのルックアップフローでは[Reload at each row] (各行で再読み込み)または[Reload at each row (cache)] (各行で再読み込み(キャッシュ))を使用する必要があります。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。