空のテーブルへのソースデータの読み込み - 7.3

Teradata

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

手順

  1. tTeradataTPTExecをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [TDPID][Database name] (データベース名)[Username] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)フィールドに、Teradataデータベース接続の詳細を入力します。
  3. [Table] (テーブル)フィールドに、ソースデータのロード先となるテーブルの名前を入力します。この例では、[person]になります。
  4. [Script generated folder] (スクリプト生成フォルダー)フィールドで、ジョブ実行中にTeradata Parallel Transporterスクリプトファイルが作成されるディレクトリーを参照します。この例では、E:/になります。
  5. [Load file] (ロードファイル)フィールドで、ソースデータを含むファイルを参照します。この例では、E:/person.csvになります。
  6. [Error file] (エラーファイル)フィールドに、ログメッセージを記録するファイルを指定します。この例では、E:/error.logになります。
  7. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、整数タイプの[id]、文字列タイプの[name]および[sex]という3つのカラムを追加します。[Db Column] (DBカラム)idおよびnameは、Teradataデータベースキーワードのため、\"で囲みます。
    [OK]をクリックしてこれらの変更を検証し、スキーマエディターを閉じます。
  8. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックしてビューを開き、[Apply TPT consumer operator optional attributes] (TPTコンシューマー演算子のオプション属性の適用)チェックボックスをオンにし、[Optional attributes] (オプション属性)テーブルの下の[+]ボタンをクリックして、ErrorLimitErrorTable1QueryBandSessInfoTraceLevelの属性を追加します。
    注:

    VARCHAR属性の場合は、値を二重引用符で囲んで入力します。