コンポーネントを設定 - 7.3

Teradata

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

手順

  1. tRowGeneratorをダブルクリックして[tRowGenerator Editor] (tRowGeneratorエディター)ウィンドウを開きます。
    [tRowGenerator Editor] (tRowGeneratorエディター)ウィンドウで、生成するデータを定義します。このジョブの場合、スキーマは[ID][Name]という2つのカラムで構成されています。
    [Number of Rows for RowGenerator] (RowGeneratorが生成する行の数)を入力します。
  2. tFileOutputDelimitedをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューでプロパティを定義します。
  3. [File Name] (ファイル名)のとなりで、出力ファイルを参照するか、作成する出力ファイルの名前を入力します。
  4. [Row Separator] (行区切り)[Field Separator] (フィールド区切り)のとなりに使用する区切り記号を二重引用符で囲んで入力します。
    [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックし、 スキーマが入力スキーマと一致することを確認します。必要に応じて、[Sync Columns] (カラムの同期)をクリックします。
  5. tTeradataTPumpをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
    [Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)タブで、tTeradataTPumpパラメーターを定義します。I
  6. データベースの認証情報に基づいて[Database name] (データベース名)[User name] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)を入力します。
  7. 顧客データの挿入先となる[Table] (テーブル)を指定します。このシナリオでは、mytableになります。
  8. [Script generated folder] (スクリプトによって生成されたフォルダ)フィールドで、生成されたスクリプトファイルを保管しているフォルダを参照します。
  9. [Load file] (ロードファイル)フィールドで、顧客データを含むファイルを参照します。
  10. [Error file] (エラーファイル)フィールドで、エラー情報を記録するファイルを参照します。
  11. [Action on data] (データの操作)フィールドで[Insert] (挿入)を選択します。