Teradataデータベーステーブルへのデータの挿入 - 7.3

Teradata

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

このシナリオでは、tTeradataTPumpを使用してジョブを作成し、 顧客データをTeradataデータベーステーブルに挿入し、例外エラーが発生した場合に表示される終了コードを指定します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このジョブでは、以下の3つのコンポーネントが使用されます:

  • tRowGenerator: リストから取得したランダムな顧客データを使用し、必要に応じて行を生成します。

  • tFileOutputDelimited: 顧客データを区切りファイルに出力します。

  • tTeradataTPump: Tpumpモードで、顧客データをTeradataデータベーステーブルに挿入します。