入力データの設定 - Cloud - 7.3

tFixedFlowInput

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tFixedFlowInput
データガバナンス > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tFixedFlowInput
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tFixedFlowInput

手順

  1. デザインワークスペースで、tFixedFlowInputを選択します。
  2. [Component] (コンポーネント)タブをクリックしてtFixedFlowInputの基本設定を定義します。
  3. [Edit Schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、内部変数から作成するデータ構造を記述します。このシナリオでは、スキーマは[Date] (日付)タイプのnow[String] (文字列)タイプのfirstname[String] (文字列)タイプのlastnameという3つのカラムで構成されています。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、システムによってプロンプトが表示された際に変更の伝播を受け入れます。3列の定義済みカラムはtFixedFlowInput[Basic settings] (基本設定)ビューの[Values] (値)パネルに表示され ます。
  5. 定義済みカラムの最初の2列でそれぞれ[Value] (値)セルをクリックし、 [Ctrl] + [Space]を押してグローバル変数リストにアクセスします。
  6. グローバル変数リストから、nowおよびfirstnameカラムでそれぞれ Talend Date.getCurrentDate()talendDatagenerator.getFirstNameを選択します。
  7. [lastname] (姓)カラムの[Value] (値)セルをクリックし、[Ctrl] + [Space]を押してグローバル変数リストにアクセスします。
  8. グローバル変数リストから、姓カラムに対して作成したコンテキスト変数、[context.lastname]を選択します。