基本的なマッピング - Cloud - 7.3

tMap

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

tMapは、単純なドラッグアンドドロップアクションを使用して、入力テーブルから出力テーブルへのマッピングをより簡単に作成できる [Map Editor] (マップエディター)と呼ばれるグラフィカルツールを提供します。次のスクリーンショットは、入力テーブルから出力テーブルへの変換を行わない単純なマッピングを示しています。

上のスクリーンショットでは、対応する出力カラムの式ビルダーで入力カラムをマップするために使用される形式を確認できます: rowName.columnName, row1.customer_idこの例ではrow1は、入力テーブルの行識別子です。それは一定ではなく、あなたの仕事に応じて変わるかもしれません。各入力テーブルの先頭に必ず表示されています。