コンポーネントを設定 - Cloud - 7.3

tMap

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. tMapコンポーネントをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を起動し、マッピングとフィルターを変更します。
    出力エリアには、Rejects_BMW_Mercedesという名前の新しい空の出力テーブルが含まれています。テーブルを選択し、出力エリアの上部にある上下の矢印をクリックすれば、位置を調整できます。
  2. 入力エリアのCarsテーブルから[Expr. key] (式キー)フィルター("BMW")を削除します。
  3. [Filters] (フィルター)ボタンをクリックして[Filter] (フィルター)フィールドを表示し、新しいフィルターに入力して、検索する車名をBMWまたはMercedesに限定します。ステートメントは次のようになります: Cars.Make.equals("BMW") || Cars.Make.equals("Mercedes")
  4. メインの出力テーブルの全カラムを選択し、新しい出力テーブルにドロップダウンします。
    または、対応するカラムを関連する入力テーブルから新しい出力テーブルにドラッグすることもできます。
  5. 新しい出力テーブルの上部にある[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックし、[Catch output reject] (出力リジェクトの収集)trueに設定して、子供が2人未満または6人を超えるBMWおよびメルセデスの所有者に関するデータを収集します。
  6. Owners_Other_Makesテーブルで、[Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクトの収集)trueに設定して、他の車名の所有者およびリセラー情報が見つからない所有者に関するデータを収集します。
  7. [OK]をクリックしてマッピングを確定し、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。
  8. それぞれの[Basic settings] (基本設定)ビューで出力コンポーネントのプロパティを定義します。
    このユースケースでは、出力ファイルのパスを指定し、[Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにし、他のパラメーターはそのままにします。