tMap標準プロパティ - Cloud - 7.3

tMap

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

このプロパティは[Standard] (標準)のジョブフレームワークで実行されているtMapを設定するために使用します。

[Standard] (標準)tMapコンポーネントは、変換処理ファミリーに含まれています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Map Editor] (マップエディター)

tMapのルーティングと変換のプロパティを定義できます。

必要に応じて、入力エリアの上のボタンをクリックして、[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスには、以下のオプションがあります:

  • [Die on error] (エラー発生時に強制終了):このチェックボックスをオンにすると、エラーが発生した場合にジョブが強制終了されます。このチェックボックスはデフォルトで選択されています。

  • [Lookup in parallel] (並行ルックアップ):このチェックボックスをオンにすると、大量のデータを含む複数のルックアップ入力フローを処理するジョブでデータ変換のパフォーマンスを最大化できます。

  • [Enable Auto-Conversion of types] (自動データ型変換を有効): マッピングの入力および出力カラムのデータタイプが異なる場合、このチェックボックスをオンにすると、実行時に自動データタイプ変換が有効になりエラーのコンパイルを回避できます。

    このコンポーネントを追加する際に、[Project Settings] (プロジェクト設定)ビューで[Enable Auto-Conversion of types] (自動データタイプ変換の有効化)チェックボックスが選択されている場合、デフォルトでこのオプションは有効になります。[Project Settings] (プロジェクト設定)ビューでデータタイプ変換ルールを設定することによって、このコンポーネントのデフォルトのデータタイプの変換を上書きすることもできます。詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

    DateとBigDecimal間の自動変換はサポートされていません。

  • [Store on disk] (ディスクに保存): このエリアで提供されるオプションは、それぞれ[Basic settings] (基本設定)タブおよび[Advanced settings] (詳細設定)タブで提供される関連オプションと同じになります。[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスで設定した内容は、それぞれのタブの表示に反映されます。

このコンポーネントはダイナミックスキーマ機能の利点を備えているので、ソースファイルから不明なカラムを取得したり、各カラムを個別にマッピングしなくてもソースからカラムを一括してコピーしたりできます。ダイナミックスキーマの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

このダイナミックスキーマ機能は、テーブルの不明なカラムを取得する目的で設計されており、この目的に限り使用をお勧めします。テーブルの作成で使用することは勧められていません。

リンクのマッピングはのように表示されます

[Auto] (自動): デフォルト設定は曲線リンクです。

[Curves] (曲線): マッピングが曲線で表示されます。

[Lines] (直線): マッピングが直線で表示されます。最後のオプションを選ぶと多少パフォーマンスが良くなります。

[Temp data directory path] (一時データディレクトリーのパス) ルックアップローディングで生成された一時データを保存するパスを入力します。このフォルダーの詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Preview] (プレビュー)

プレビューはMapperデータのインスタントショットです。これは、Mapperプロパティにデータが入力されると使用可能になります。プレビューの同期は変更を保存した後にのみ有効です。

詳細設定

[Max buffer size (nb of rows)] (最大バッファーサイズ:行数) 処理されたデータに割り当てる物理メモリのサイズ(行数)を入力します。
[Ignore trailing zeros for BigDecimal] (BigDecimalの末尾のゼロを無視) このチェックボックスをオンにすると、BigDecimalデータの末尾のゼロが無視されます。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

フィールドの単純な再編成からデータの多重化または逆多重化変換、連結、反転、フィルタリングなど最も複雑なジョブで使用できます。

[Limitation] (制限事項)

tMapを使用される場合、その機能を十分に活用するためにJavaの最低限の知識があることが想定されています。

このコンポーネントは連結ステップで、ジョブの開始コンポーネントにも終了コンポーネントにもできません。