内部結合の設定 - Cloud - 7.3

tMap

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. Resellersコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Property type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ダイアログボックスからコンポーネントのスキーマ(このシナリオではresellers)を選択します。残りのフィールドは自動的に入力されます。
    注:

    このシナリオでは、入力スキーマは[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保管されて、簡単に取り出せます。リポジトリーにメタデータを作成する方法の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  3. tMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
    新しい入力コンポーネントのスキーマは入力エリアに追加済みとなっています。
  4. Cars_dataテーブルのID_ResellerカラムをResellers_dataテーブルのID_Resellerカラムにドロップして、メイン入力フローと新しい入力フローの間に結合を作成します。
  5. Resellers_dataテーブルの上部にあるtMap settingsボタンをクリックし、[Join Model] (結合モデル)[Inner Join] (内部結合)に設定します。
  6. Resellers_dataテーブルのID_Resellerを除くすべてのカラムを、メイン出力テーブルInsuredにドラッグします。
    注:

    2つの内部結合が定義されている場合は、2つの異なる内部結合リジェクトテーブルを定義して2つのリジェクトを区別する必要があります。または、内部結合リジェクト出力が1つしかない場合は、両方の内部結合リジェクトが同じ出力に保管されます。

  7. 出力エリアの上部にある[+]ボタンをクリックして新しい出力テーブルを追加し、この新しい出力テーブルにReject_ResellerIDという名前を付けます。
  8. Cars_dataテーブルのすべてのカラムをReject_ResellerIDテーブルにドラッグします。
  9. [tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックし、 [Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクトの収集)trueを選択して、この新しい出力テーブルを内部結合リジェクト出力として定義します。
    定義された内部結合を確立できない場合、関連する自動車に関する情報は、この出力フローを通じて収集されます。
  10. 次に、2つのタイプのリジェクトを区別するために、2つの内部結合リジェクト出力にフィルターを適用します。
    最初の内部結合出力テーブルReject_OwnerIDで、プラスの矢印ボタンをクリックしてフィルター行を追加し、次の式を入力して、所有者IDに関連するリジェクトのみを収集します: Owners_data.ID_Owner==null
  11. 2番目の内部結合出力テーブルReject_ResellerIDで、次の式を使って同じ操作を繰り返します: Resellers_data.ID_Reseller==null
    [OK]をクリックしてマップ設定を確定し、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。
  12. No_Reseller_IDコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    出力ファイルパスを指定し、[Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにして、その他のパラメーターはそのままにします。
  13. マッパーの動作を示すために、この例では、入力ファイルResellers.csvからリセラーID 58を削除します。