ジョブを実行する - Cloud - 7.3

tMap

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

手順

  1. Ctrl + Sキーを押してジョブを保存します。
  2. デザインワークスペースの下部にある[Run] (実行)タブをクリックして、ジョブ実行タブを表示します。
  3. [Debug Run] (デバッグ実行)ビューで[Traces Debug] (トレースデバッグ)ボタンをクリックして、データ処理の進行状況を表示します。
    より快適にするために、ジョブ名タブをダブルクリックして、実行中にジョブデザインビューを最大化する方法があります。
    ルックアップデータは、年齢の制約に対応して、メインフローの行ごとに再ロードされます。すべてのageの一致はルックアップ行で取得され、出力フローでグループ化されます。
    したがって、新しく作成されたpeople_mixandmatchテーブルに含まれているデータをチェックアウトすると、年齢が60または40に等しいさまざまな個人に対応するすべてのageの重複と、彼らが訪れた都市が見つかります。

    tMapでダイナミックスキーマを使う方法の例については、以下を参照してください。