tMap式の構文 - 7.3

tMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > 変換

この記事では、式ビルダーで使用する構文を紹介し、tMapコンポーネントを理解して使用できるようにします。

tMapTalend Studioのコアコンポーネントの1つであり、ジョブで非常に頻繁に使用されます。tMapコンポーネントは主に、入力フィールドを出力フィールドにマッピングし、対応する出力カラムの式ビルダーで入力データを変換するために使用されます。

式ビルダーを使用すると、各出力テーブルの各カラムのマッピング式を入力できます。この記事では、次の構文例を示します。