スキーマの定義 - 7.3

tRowGenerator

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tRowGenerator
データガバナンス > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tRowGenerator
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > その他のコンポーネント > tRowGenerator

まず、生成するデータの構造を定義する必要があります。

  • 必要に応じてプラス(+) ボタンを使用して、スキーマにカラムを追加します。

  • [Columns] (カラム)エリアに作成するカラムの名前を入力し、必要に応じて[Key] (キー)チェックボックスをオンにします。

  • リストで[Type] (タイプ)を選択して、カラムに含めるデータの性質を定義します。選択したタイプによって、[Functions] (関数)のリストが変わります。そのため、この情報は必須になります。

  • 一部の追加情報は必須ではありませんが、[Length] (長さ)[Precision] (精度)[Comment] (コメント)などがあると便利かもしれません。これらのカラムを非表示にするには、ツールバーの横にある[Columns] (カラム)ドロップダウンボタンをクリックし、リストの該当するエントリーの選択を解除します。

  • [Function] (ファンクション)エリアでは、定義済みルーチン/ファンクションのいずれかがニーズを満たしている場合は選択できます。このリストには、[Repository] (リポジトリー)[Routine] (ルーチン)エリアに保管した任意のルーチンを追加することもできます。または、[Function] (ファンクション)定義パネルで使用するファンクションを入力することもできます。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  • [Refresh] (最新の情報に更新)をクリックして、生成されたデータのプレビューを表示します。

  • 生成する行の数を入力します。生成される行が多いほど、生成操作の実行にかかる時間が長くなります。