tXMLMap標準プロパティ - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtXMLMapを設定するために使います。

Standard tXMLMapコンポーネントは変換処理ファミリーとXMLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Map Editor] (マップエディター)

tXMLMapのルーティングと変換のプロパティを定義できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

[Keep order for document] (ドキュメントの順序を保つ)

XMLエレメントを出力XMLスキーマで指定された順序で厳密に出力するには、このチェックボックスをオンにします。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

フィールドの単純な再編成からデータの多重化または逆多重化変換、連結、反転、フィルタリングなど最も複雑なジョブで使用できます。

必要に応じて、グループエレメント、集計エレメント、空エレメント、および[All in one] (オールインワン)などの他の多くの機能を使用して、出力XMLフローの高度な出力戦略を定義できます。これらの機能の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

これは中間コンポーネントとして使用され、ESBリクエスト/応答プロセスなどの多くのXMLデータソースを必要とするプロセスに完全に適合します。

制限事項

留意すべき制限は次のとおりです。

- このコンポーネントを使用される場合、その機能を十分に活用するためにJavaとXMLの最低限の知識があることが想定されています。

- このコンポーネントは連結ステップであるため、ジョブの開始コンポーネントにも終了コンポーネントにもできません。

- 関連するXMLデータフローごとに、少なくとも1つのループエレメントが必要です。

以下のセクションでは、tXMLMapコンポーネントの使い方に関する一般的なユースケースを示します。他方、このコンポーネントをESBコンポーネントと一緒に使用してデータサービスを構築する具体例が必要な場合は、ESBコンポーネントのシナリオを参照してください。