出力フローを設定する - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして前のコンポーネントからスキーマを取得し、ポップアップダイアログボックスによってプロンプトされた伝播を受け入れます。
  3. tFileOutputXMLコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [File Name] (ファイル名)フィールドで、出力データが書き込まれるファイルを参照するか、またはファイルへのパスを入力します。このシナリオではE:/ProductsOut.xmlです。
  5. [Incoming record is a document] (受信レコードはドキュメントです)チェックボックスをオンにします。