リジェクトされたデータを収集する - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。リジェクトされたデータを保持する空のReject出力テーブルが出力側に追加されます。これは、リジェクトされたデータを保持する出力データフローを表します。
  2. row1のメイン入力テーブルで、idノードをクリックし、それをReject出力テーブルにドロップします。カラムidが、マップエディターの下部にある[Schema editor] (スキーマエディター)Rejectスキーマテーブルに追加されます。
  3. 同じようにして、row1メイン入力テーブルのCustomerNameCustomerAddress、およびidStaterow2ルックアップ入力テーブルのLabelStateを、Reject出力テーブルにドロップします。別の4つのカラムCustomerNameCustomerAddressidState、およびLabelState[Schema editor] (スキーマエディター)Rejectスキーマテーブルに追加されます。
    注:

    このシナリオでは、Reject出力フローはフラットデータタイプを使います。ただし、[Document] (ドキュメント)データタイプを使い、Customer出力フローと同様に、このフローのXMLツリービューを作成できます。[Document] (ドキュメント)タイプの使い方については、XMLデータをマッピングして変換するを参照してください。

  4. Reject出力テーブルの上部にあるボタンをクリックして、プロパティ設定エリアを開きます。
  5. [Catch Output Reject] (出力リジェクトのキャッチ)プロパティの値をtrueに設定して、Customer出力フローの前のシナリオで設定したフィルターによってリジェクトされたデータをキャッチします。
  6. [Catch Lookup Inner Join Reject] (ルックアップ内部結合リジェクトのキャッチ) プロパティの値をtrueに設定して、内部結合操作によってリジェクトされたデータをキャッチします。
  7. [OK]をクリックして変更を検証し、マップエディターを閉じます。