ルックアップでXML変換を設定する - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
    入力エリアには定義済みの入力テーブルが既に入力されており、一番上のテーブルがメインの入力テーブルです。
  2. row2入力テーブルでUSStateノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Import From File] (ファイルからインポート)を選択します。ポップアップダイアログボックスでXMLソースファイルを参照して、tXMLMapが受信するデータが使うXMLツリー構造をインポートします。このシナリオでは、XMLソースファイルはUSState.xmlで、これはUSStatesという名前のtFileInputXMLへの入力データです。
  3. インポートしたXMLツリーでStatesノードを右クリックし、コンテキストメニューから[As loop element] (ループエレメントとして)を選択して、ループエレメントとして設定します。
  4. row1メイン入力テーブルでidStateノードをクリックし、row2ルックアップ入力テーブルのidStateノードの行のExp.keyカラムにドロップします。これにより、idStateデータの2つの入力テーブル間に結合が作成され、メインフローのidStateノードがルックアップキーを提供します。
  5. row2ルックアップ入力テーブルでLabelStateノードをクリックし、Customer出力テーブルのcustomerノードにドロップします。ダイアログボックスが表示されます。
  6. ポップアップダイアログボックスで[Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)を選択し、[OK]をクリックします。新しいLabelStateサブエレメントが出力XMLツリーに追加され、ルックアップ入力テーブルのLabelStateノードにマッピングされます。
  7. [OK]をクリックしてマッピングを確定し、[Map Editor] (マップエディター)を閉じます。