補足データを結合するためにルックアップフローを起動する - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

このシナリオでは、前のシナリオに基づいて、ルックアップフローを使用してXMLファイルUSState.xml内の目的のデータをメインフローに結合する方法を示します。ルックアップファイルUSState.xmlから処理コンポーネントtXMLMapにデータをロードするために、もう1つのtFileInputXMLコンポーネントがジョブに追加されます。

XMLファイルUSState.xmlのコンテンツは以下のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-15"?>
<USStates>
  <States>
    <idState>1</idState>
    <LabelState>Alabama</LabelState>
  </States> 
  <States>
    <idState>2</idState>
    <LabelState>Connecticut</LabelState>
  </States>
  <States>
    <idState>3</idState>
    <LabelState>Ohio</LabelState>
  </States>  
  <States>
    <idState>4</idState>
    <LabelState>Wyoming</LabelState>
  </States>
    <States>
    <idState>5</idState>
    <LabelState>Hawaii</LabelState>
  </States>
</USStates>