フィルターを使ってデータをマッピングする - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. Studioで、前のシナリオで使ったジョブを開いてデザインワークスペースに表示します。
  2. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  3. Customer出力テーブルの上部にあるボタンをクリックして、フィルターエリアを開きます。
  4. メイン入力テーブルのidStateノードをフィルターエリアにドロップします。idStateノードのXPath [row1.Customer:/Customers/Customer/Address/idState]がこのフィルターエリアに自動的に追加されます。
    idStateノードのXPathの後ろに == 2と入力すると、完全なフィルター条件は[row1.Customer:/Customers/Customer/Address/idState] == 2となります。これは、州IDが2の顧客データのみが出力フローに渡されることを意味します。
  5. [OK]をクリックして変更を検証し、マップエディターを閉じます。
  6. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存し、[F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

上記のように、州IDが2の顧客である Griffith Paving and SealcoatinGlenn Oaks Office Suppliesがコンソールに表示されます。