グループエレメントを使用してデータをマッピングする - 7.3

tXMLMap

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap

手順

  1. Studioで、補足データを結合するためにルックアップフローを起動する内で使われているジョブを開いてデザインワークスペースに表示し、tXMLMapコンポーネントをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. Customer出力テーブルのXMLツリービューでcustomer (loop)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Delete] (削除)を選択します。こうして、customersのルートノードの下のすべてのエレメントが削除され、次に、目的の出力データをグループ化するために使うXMLツリービューを再構築できます。
  3. customersルートノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択します。ポップアップダイアログボックスで、新しいサブエレメントの名前を入力します。この例では、customerです。
  4. [OK]をクリックして変更を有効にし、ダイアログボックスを閉じます。customerノードが、出力テーブルのcustomersルートノードの下に追加されます。
  5. row2ルックアップ入力テーブルで LabelStateノードを選択し、出力テーブルのcustomerノードにドロップします。ポップアップダイアログボックスで[Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)を選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。LabelStateノードが、出力テーブルのcustomerノードの下に追加されます。
  6. 出力テーブルのcustomerノードを右クリックし、コンテキストメニューで[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)を選択します。ポップアップダイアログボックスで、新しいサブエレメントの名前を入力します。この例ではNameです。
  7. [OK]をクリックして変更を有効にし、ダイアログボックスを閉じます。Nameノードが、出力テーブルのcustomerノードの下に追加されます。
  8. row1メイン入力テーブルでノードidCustomerNameを選択し、出力テーブルのNameノードにドロップします。ポップアップダイアログボックスで[Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)を選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。idノードとCustomerNameノードが、出力テーブルのNameノードの下に追加されます。
  9. 出力テーブルでNameノードを右クリックし、コンテキストメニューから[As loop element] (ループエレメントとして) を選択してループエレメントとして設定し、次にcustomerノードを右クリックして[As group element] (グループエレメントとして)を選択して、LabelStateエレメントに従って出力データをグループ化します。
  10. [OK]をクリックして変更を検証し、マップエディターを閉じます。
  11. [Ctrl]+[S]を押してジョブを保存し、[F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

上記のように、ループに含まれているidエレメントとCustomerNameエレメントは、LabelStateエレメントに従ってグループ化されます。グループエレメントのcustomerは、各グループの開始と終了にタグを付けます。