Talend Studioでコンテキスト変数を使用 - 7.3

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

Talend Studioでコンテキスト変数を使用

このチュートリアルでは、さまざまな環境でコンテキスト変数によって同じTalendジョブを実行する方法、そしてその使用方法を確認できます。

Talend Studioプロジェクトを作成

プロジェクトの作成は、Talend Studioを使用するための最初のステップです。プロジェクトによって仕事をよりよく整理できるようになります。

手順

  1. [Create a new project] (新しいプロジェクトを作成)を選択します。
  2. プロジェクトの名前を入力します。

    TalendDemo
  3. [Create] (作成)をクリックします。
  4. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

プロジェクトが開きます。Talend Studioで作業する準備が整いました。

コンテキストグループを作成

コンテキストグループには、ジョブを実行するコンテキスト(prodstagingなど)に応じて変化する値が含まれています。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Contexts] (コンテキスト)を右クリックし、[Create context group] (コンテキストグループを作成)をクリックします。
  2. [Name] (名前)フィールドに、名前を入力します。

    databasePropertyType
  3. オプション: [Purpose] (目的)フィールドに目的を入力します。

    Fetching context from a database
  4. オプション: [Description] (説明)フィールドに説明を入力します。

    Setting up context variables for different situations
    ヒント: [Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力して整理します。
  5. プラスボタンをクリックして、コンテキスト値を追加します。
    1. [Name] (名前)フィールドに、名前を入力します。

      1. host
      2. port
      3. database
      4. username
      5. password
    2. コンテキスト値の[Type] (タイプ)プロパティを選択します。

      1. hostにはディレクトリーを選択します。
      2. portには整数を選択します。
      3. passwordにはパスワードを選択します。
    3. コンテキスト値の[Value] (値)プロパティを入力します。

      1. hostには127.0.0.1と入力します。
      2. portには3306と入力します。
      3. databaseにはcsv_db 6と入力します。
      4. usernameにはrootと入力します。
  6. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)[Contexts] (コンテキスト)の下に、databasePropertyType 0.1という新しいコンテキストグループが表示されます。

コンテキストグループに値を追加し、それに応じてジョブを実行

コンテキストグループを使えば、さまざまな事前設定済みパラメーターに合わせてジョブを実行できるようになります。デプロイメント環境では、本番環境やステージング環境でジョブを実行した後にパスワードやユーザー名を設定できます。

始める前に

コンテキストグループを作成していること(コンテキストグループを作成をご覧ください)。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Context] (コンテキスト)を展開します。次にコンテキストグループを右クリックし、[Edit context group] (コンテキストグループの編集)をクリックします。
  2. [Next] (次へ)をクリックします。
    ウィザードの[Step 2] (ステップ2)に進みます。
  3. [Configure Contexts...] (コンテキストを設定...)をクリックします。
  4. [New...] (新規...)をクリックします。
  5. コンテキスト名を入力します。

    prod
  6. [OK]をクリックします。
    [Configure Contexts] (コンテキストを設定)ウィンドウが表示されます。
  7. コンテキストパラメーターを定義します。

    コンテキストをデータベースにリンクさせます。
  8. オプション: [Default context environment] (デフォルトのコンテキスト環境)を選択します。
  9. [Finish] (終了)をクリックします。
  10. [Run] (実行)ビューで、[Context] (コンテキスト)を選択します。
  11. [Run] (実行)をクリックします。

タスクの結果

さまざまなデプロイメント環境でコンテキストグループが設定されます。

メタデータ定義をコンテキストグループとしてエクスポート

メタデータ定義をコンテキストグループとしてエクスポートすれば、パラメーターをコンポーネントレベルではなくジョブレベルで使用できます。

始める前に

メタデータ定義を作成していること(メタデータ定義を作成をご覧ください)。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ) > [File delimited] (区切り付きファイル)を展開し、目的の区切り付きファイルメタデータを右クリックして、[Edit file delimited] (区切り付きファイルを編集)をクリックします。
  2. メタデータは設定済みなので、[Next] (次へ)をダブルクリックします。
    ウィザードの[Step 3] (ステップ3)に進みます。
  3. [Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックします。
  4. [Create a new repository context] (新しいリポジトリーコンテキストを作成)を選択します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。
  6. [Name] (名前)フィールドに名前を入力します。

    moviesContextGroup
  7. オプション: [Purpose] (目的)フィールドに目的を入力します。

    Reusing my movie metadata as context
  8. オプション: [Description] (説明)フィールドに説明を入力します。

    File delimited metadata as a context group
    ヒント: [Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力して整理します。
  9. [Next] (次へ)をクリックします。
    パラメーターがすべてデフォルト値の変数に変更されます。
  10. [Finish] (終了)をクリックします。
    [Edit an existing Delimited file] (既存の区切り付きファイルを編集)ウィンドウが表示されます。
  11. [Finish] (終了)をクリックします。
    1. オプション: 変更をすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを指定します。
    2. オプション: アップデートする項目を選択します。
    3. オプション: [OK]をクリックします。
    4. オプション: この接続でコンテキストパラメーターをジョブに追加するかどうかを指定します。

タスクの結果

moviesコンポーネントの[Component] (コンポーネント)ビューで、デフォルトのプロパティ値がすべてコンテキスト変数に置き換わっています。

コンテキストグループをジョブにインポート

コンテキストグループを既存のジョブにインポートすれば、環境の使用を標準化できます。たとえば、ステージング環境と本番環境へのアクセスの設定が可能になります。

手順

  1. [Contexts] (コンテキスト)ビューで、画面下部の[Import Context] (コンテキストをインポート)ボタンをクリックします。
    [Select Context Variables] (コンテキスト変数を選択)ウィンドウが表示されます。
  2. 個別の変数、または変数のグループを選択します。

    Context: databasePropertyType
    ヒント: context.というプレフィックスの後に変数名(context.databaseなど)を付加すると、インポートされた変数にアクセスできるようになります。

タスクの結果

変数がその値と共にジョブにインポートされます。