cWireTap - 7.3

Wiretap (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)

メッセージが元のエンドポイントに送信されている間に、メッセージをユーザー定義のURIにワイヤータップします。また、cWireTapを使うと、新しいメッセージをこのワイヤータップURIに同時に入力できます。

詳細は、Apache Camelのドキュメンテーションhttps://camel.apache.org/components/latest/eips/wireTap-eip.htmlを参照してください。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。