コンポーネントを設定 - 7.3

Wiretap (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. Sourceという名前のcFileコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドで、入力ファイルパスを参照または入力します。このユースケースでは、指定されたファイルパスにHello World!というコンテンツを含むHello.txtファイルがあります。その他のパラメーターはそのままにしておきます。
  3. cWireTapコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. URIフィールドに"direct:a"と入力して、ワイヤータップされたメッセージをこのエンドポイントにルーティングします。
    [Populate new exchange] (新しい交換を入力)チェックボックスをオンにして、入力タイプに[Processor] (プロセッサー)を選択し、[Code] (コード)ボックスに次のコードを入力して、ワイヤータップされたメッセージのファイル名およびそのコンテンツをコンソールに表示します。
    System.out.println("\nMessage wiretapped: "+
    exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
    System.out.println("Message content: "+
    exchange.getIn().getBody(String.class)+"\n");
  5. cJavaDSLProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Code] (コード)フィールドにJavaコード.to("direct:b")を入力して、元のメッセージのルーティング先とするエンドポイントのURIを定義します。
  7. Endpoint_aという名前のcMessagingEndpointコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。URIフィールドに"direct:a"と入力して、このエンドポイントにルーティングされたメッセージを取得します。
    この操作を繰り返して、Endpoint_bのエンドポイントURIを設定します。
  8. Monitor_aという名前のcProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。[Code] (コード)ボックスに次のコードを入力して、Endpoint_aにルーティングされるメッセージのファイル名を表示します。
    System.out.println("Message on endpoint a: "+
    exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
    次に、もう1つのcProcessorコンポーネントを同じように設定して、Endpoint_bにルーティングされるメッセージのファイル名を表示します。
  9. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。