cWireTap標準プロパティ - 7.3

Wiretap (メディエーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > Wiretapコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcWireTapを設定するために使います。

Standard cWireTapコンポーネントはRoutingファミリーのコンポーネントです。

基本設定

[URI]

ワイヤータップされたメッセージを送信するためのエンドポイントURI。

[Populate new exchange] (新しい交換を入力)

ワイヤータップURIに新しいメッセージを入力するには、このチェックボックスをオンにします。

[Populate Type] (入力タイプ)

このオプションは、[Populate new exchange] (新しい交換を入力)チェックボックスがオンの場合に表示されます。[Populate Type] (入力タイプ)[Expression] (式)または[Processor] (プロセッサー)のいずれかです。

[Expression] (式): 式を使うと、新しい交換のメッセージボディを設定できます。

[Language] (言語): メッセージボディの設定に使う式の言語を以下から選択します: [None] (なし)Bean[Constant] (定数)CorrelationIDELGroovy[Header] (ヘッダー)JavaScriptJoSQLJSonPathJXPathMVELOGNLPHP[Property] (プロパティ)PythonRubySimpleSpELSQLXPathXQuery

言語を使って式を作成する方法の詳細は、http://camel.apache.org/languages.htmlを参照してください。

[Expression TXT] (式TXT): メッセージボディを設定する式を入力します。

  [Processor] (プロセッサー): [Code] (コード)フィールドにJavaコードを挿入してメッセージにプロパティやヘッダーなどを設定できるため、交換の入力方法を指定できます。
[Copy the original message] (元のメッセージをコピー)

このチェックボックスをオンにすると、元の交換のコピーが作成されます。元の交換と完全に同じになります。このチェックボックスがオンになっていない場合は、同じエンドポイント名を持つ新しい交換のみが作成されます。メッセージボディとヘッダーがNullです。

交換パターンは両方の条件でInOnlyです。

使用方法

使用ルール

cWireTapはルートの中間コンポーネントになることができます。

制限事項

 該当せず