XMLファイルの検証 - 7.3

XML validation

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント

手順

  1. 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペース(tFileListtDTDValidatortMaptFileOutputDelimited)にドロップします。
  2. [main] (メイン)行を使用して[Iterate] (反復処理)リンクと残りのコンポーネントでtFileListtDTDValidatorに接続します。
  3. フォルダからXMLファイルを取得するには、tFileListコンポーネントのプロパティを設定します。
    プラスボタンをクリックしてファイルマスク行を追加し、ファイルマスク: *.xmlを入力します。Javaコードには二重引用符が必要です。
    検証するXMLファイルのパスを設定します。
    [Case Sensitive] (大文字と小文字を区別)ドロップダウンリストから、[No] (いいえ)を選択します。
  4. tDTDValidateコンポーネントビューでは、スキーマには検証プロセスに関連する標準ログ情報が含まれているため、スキーマは読み取り専用です。
    [Dtd file] (Dtdファイル)フィールドで、参照として使用するDTDファイルを参照します。
  5. XMLファイルフィールドをクリックし、[Ctrl] + [Space]キーを押して変数リストにアクセスして、現在のファイルパスグローバル変数 tFileList.CURRENT_FILEPATHをダブルクリックします。
  6. [Run] (実行)タブのコンソールに表示されるさまざまなメッセージで、jobName変数を使用してジョブ名タグを呼び出します。関連するグローバル変数((String)globalMap.get("tFileList_1_CURRENT_FILE"))を使用してファイル名をご確認ください。Javaコードには二重引用符が必要です。
    [Print to console] (コンソールに印刷)チェックボックスをオンにします。
  7. tMapコンポーネントで、出力ファイルに渡す必要がある標準スキーマから情報データをドラッグアンドドロップします。
  8. 必要に応じて出力スキーマを定義したら、フィルター条件を追加し、XMLファイルが無効な場合にのみログ情報データを選択します
    ベストプラクティスに従い、最初に変数に必要な値、次にフィルター処理されたデータの種類に基づいた演算子、次に要件を満たす必要がある変数を入力してください。この場合は、0 == row1.validateです。
  9. 次に、Row > Main接続を使用して、tMaptFileOutputDelimitedコンポーネントに接続します(まだ行っていない場合)。このサンプルでは、log_errorsOnlyなどの関連性のある名前を付けます。
  10. tFileOutputDelimited [Basic settings] (基本設定)で、宛先ファイルパス、フィールド区切り記号、およびエンコードを定義します。
  11. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    [Run] (実行)コンソールで、定義されたメッセージが各ファイルごとに表示されます。同時に、出力ファイルは無効なファイルのログデータでいっぱいになります。