コンポーネントの設定 - 7.3

XML validation

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント > XML検証コンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、入力ファイルへのパスを指定します。このサンプルでは、E:/ShipOrder.csvです。
    [Header] (ヘッダー)フィールドに1を入力して、入力ファイルの最初のヘッダー行をスキップします。
    [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、2列のIDString型のShipOrderを追加してスキーマを定義します。
  3. tXSDValidatorコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして前のtFileInputDelimitedコンポーネントからスキーマを取得し、ポップアップダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして2つのtFileOutputDelimitedコンポーネントにスキーマをプロパゲートします。
    [+]ボタンをクリックして、[Allocate] (割り当て)テーブルに行を追加します。次に、[Input Column] (入力カラム)セルをクリックして、検証するXMLカラムShipOrderをドロップダウンリストから選択します。そして、XSD Fileセルに、このサンプルではXSD参照ファイルE:/ShipOrder.xsdへのパスを入力します。
  5. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. File name (ファイル名)フィールドに、有効な行を格納する出力ファイルへのパスを指定します。このサンプルでは、E:/ShipOrder_Valid.csvです。
    [Include Header] (ヘッダーを含む)チェックボックスをオンにして、出力ファイルにカラムヘッダーを含めます。
  7. 2番目のtFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. スキーマを表示するには、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックします。
    2つのプロパゲートされたカラムに加えて、無効な行のエラー情報を保持する追加のカラムerrorMessageが自動的にスキーマに追加されていることがわかります。
  9. File name (ファイル名)フィールドに、無効な行とエラーメッセージを格納する出力ファイルへのパスを指定します。このサンプルでは、E:/ShipOrder_Invalid.csvです。
    [Include Header] (ヘッダーを含む)チェックボックスをオンにして、出力ファイルにカラムヘッダーを含めます。