XMLRPCから州名を推測する - 7.3

XMLRPC

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > XMLRPC
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > XMLRPC
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > XMLRPC

このシナリオでは、RPCメソッドを使用してコンソールビューに出力を表示することを目的とした2つのコンポーネントジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • [Palette] (パレット)からデザインワークスペースにtXMLRPCInputtLogRowコンポーネントをドロップします。

  • tXMLRPCInput基本設定を設定してください。

  • このユースケースの[Schema type] (スキーマのタイプ)[Built-in] (組み込み)として定義します。

  • 呼び出されたメソッドの予想される出力は1つのパラメーター[StateName] (州名)のみであるため、単一列スキーマを設定してください。

  • その後、[Server url] (サーバーurl)を設定します。このデモでは、次を使用してください:http://phpxmlrpc.sourceforge.net/server.php

  • このユースケースでは認証の詳細は必要ありません。

  • 呼び出す[Method] (メソッド)は、examples.getStateNameです。

  • returnクラスはこのメソッドには必須ではありませんが、別のメソッドには必ず必要な場合があります。このユースケースはデフォルト設定のままにしてください。

  • 次に、呼び出されたメソッドに必要な入力パラメーターを設定します。[Name] (名前)フィールドはコードでは使用されませんが、値はメソッドで想定されている構文に従う必要があります。このサンプルでは、使用される名前はState Nrで、ランダムに選択された値は42です。

  • このデモメソッドを使用しても、クラスによる影響はそれほど大きくありませんが、他のメソッドを使用した場合は影響を受ける可能性があるため、デフォルト設定のままにします。

  • tLogRowコンポーネントの[Component] (コンポーネント)ビューで、[Print schema column name in front of each value] (各値の前にスキーマカラムを印刷する)チェックボックスをオンにします。

  • 次に、ジョブを保存し、F6を押して実行します。

South Dakotaは、GetStateName RPCメソッドを使用して見つかった州名で、入力パラメーターとして定義されている米国の第42州に対応しています。