tBatchAddressRowCloud - Cloud - 8.0

Address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

バッチ処理を使用してアドレスデータを解析し、他のソフトウェアをインストールすることなく、フォーマッティングされたアドレスをすばやく正確に取得します。

アドレスデータは、バッチサービスをサポートしているプロバイダー(LoqateやMelissaDataなど)から得た最新のオンライン参照データに照らして訂正されます。tBatchAddressRowCloudは欠落しているアドレスデータ(国名や郵便番号など)の代替データを提案し、アドレスは他のエレメント(緯度や経度など)でエンリッチ化されます。tAddressRowCloudと比較した場合のこのコンポーネントの利点は、大量のデータを処理する際にパフォーマンスが向上することです。

tBatchAddressRowCloudは、入力ストリームから複数のファイル(バッチ)にアドレスを分割し、オンラインバッチサービスを使用して各ファイルのアドレスを検証し、フォーマッティングします。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。