tAmazonDocumentDBConnectionの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Amazon DocumentDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DocumentDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DocumentDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DocumentDB

これらのプロパティは、[Standard] (標準)ジョブのフレームワークで実行されているtAmazonDocumentDBConnectionを設定するために使われます。

[Standard] (標準)tAmazonDocumentDBConnectionコンポーネントは、Cloudファミリーに属しています。

Talend StudioはAmazon DocumentDB 3.6バージョンと互換性があります。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

注: このコンポーネントは、Talendが提供する8.0.1 R2022-02以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続のプロパティ値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。

    このチェックボックスのとなりにある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーの内容)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

[Address type] (アドレスタイプ)

ドロップダウンリストで、アドレスのタイプを選択します。
  • [Standalone] (スタンドアロン): 接続先とするスタンドアロンのAmazon DocumentDBデータベースサーバーが定義されます。
  • [ReplicaSet] (レプリカセット): [ReplicaSet address] (レプリカセットアドレス)テーブルで、接続したい複数のAmazon DocumentDBデータベースサーバーのセットを定義します。

[Host] (ホスト)[Port] (ポート)

データベースサーバーのIPアドレスとリスニングポート番号を入力します。

これらのフィールドは、[Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスと[Use replica set address] (レプリカセットアドレスを使用)チェックボックスが選択されていない場合に利用できます。

これらのパラメーターは、[Address type] (アドレスタイプ)ドロップダウンリストで[Standalone] (スタンドアロン)を選択した場合のみ利用できます。

[Database] (データベース)

Amazon DocumentDBデータベースの名前を入力します。

このパラメーターは、[Address type] (アドレスタイプ)ドロップダウンリストで[Standalone] (スタンドアロン)を選択した場合のみ利用できます。

[Need auth] (認証が必要)

このチェックボックスをオンにすると、データベース認証が有効になります。

[Auth mechanism] (認証メカニズム)ドロップダウンリストにリスト表示されているメカニズムで、[Negociate] (ネゴシエート)を選択します。これによって最も適合した認証メカニズムであるScram sha-1 saslが自動的自動的に選択されるので、こちらをお勧めします。

[Use auth database] (認証データベースを使用)チェックボックスを選択し、Amazon DocumentDBへの接続に使うユーザー名が作成されている認証データベースの名前を入力して、[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドにデータベースユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、[Password] (パスワード)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、[Enter a new password] (新しいパスワードを入力)ダイアログボックスを表示させ、テキストフィールドにパスワードを入力して[OK]をクリックします。パスワードは、[pure password] (純粋なパスワード)モードではJSON文字列で、[Java mode] (Javaモード)ではJava式として入力できます。テキストフィールドの上部にある[switch to Java mode] (Javaモードに切り替え)または[switch to pure password mode] (純粋なパスワードに切り替え)をクリックすることで、2つのモードの間で切り替えられます。
注:
  • この2つのパスワードモードは、Talend 8.0.1 R2022-05以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。
  • Talend 8.0.1 R2022-05以降のStudio月次アップデートがインストールされていない場合は、[Java mode] (Javaモード)でのみパスワードを入力できます。

[Use SSL connection] (SSL接続を使用)

SSLまたはTLS暗号化接続を有効にする場合は、このチェックボックスをオンにします。

次に、同じジョブ内のtSetKeystoreコンポーネントを使用して暗号化情報を指定する必要があります。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[Connection parameter] (接続パラメーター) 作成するAmazon DocumentDB接続に接続プロパティを追加で指定します。

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

NB_LINE

処理された行数。これはAfter変数で、整数を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

tAmazonDocumentDBは、一般的に他のAmazon DocumentDBコンポーネントと併用されます。