tDynamoDBInputの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Amazon DynamoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon DynamoDB
Last publication date
2024-02-28

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtDynamoDBInputを設定するために使われます。

標準tDynamoDBInputコンポーネントは、ビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーに属しています。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのビッグデータ対応のTalend製品およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Access Key] (アクセスキー)

AWSアカウントを一意に識別するアクセスキーIDを入力します。アクセスキーとシークレットキーを取得する方法は、http://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/get-aws-keys.htmlGetting Your AWS Access Keysをご覧ください。

[Secret Key] (シークレットキー)

シークレットキーを入力します。シークレットキーは、アクセスキーと組み合わせてセキュリティ認証情報を構成します。

シークレットキーを入力するには、シークレットキーフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにシークレットキーを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Inherit credentials from AWS role] (AWSロールから認証情報を継承)

インスタンスプロファイル認証情報を使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。これらの認証情報はAmazon EC2インスタンスに使用できます。また、Amazon EC2メタデータサービス経由で配信されます。このオプションを使用するには、ジョブがAmazon EC2内で、または、リソースへのアクセスにIAMロールを利用できるその他のサービス内で実行されている必要があります。詳細は、Using an IAM Role to Grant Permissions to Applications Running on Amazon EC2 Instancesをご覧ください。

[Assume role] (ロールを引き受け)

AWS IAMロールに関連付けられており、自分のユーザーアカウントに付与されていないアクセス権限を一時的に必要とする場合は、このチェックボックスをオンにすればそのロールを引き受けることができます。その後、次のパラメーターの値を指定して、新しく引き受けたロールセッションを作成します。

[Use End Point] (エンドポイントを使用)

このチェックボックスをオンにし、表示された[Server Url] (サーバーのURL)フィールドで、DynamoDBデータベースサービスのWebサービスのURLを指定します。

Region

リストからリージョン名を選択するか、リスト内で二重引用符の間にリージョンを入力して("us-east-1"など)、AWSリージョンを指定します。AWSリージョンの詳細の詳細は、Regions and Endpointsをご覧ください。

アクション

実行する操作を、 [Query] (クエリー)または [Scan] (スキャン)のドロップダウンリストから選択します。詳細については、DynamoDBでのクエリーおよびスキャン操作をご覧ください。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

  • [Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

 

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

カラムにJSONドキュメントが保管されている場合は、[DB Type] (DBタイプ)ドロップダウンリストから、JSONを選択します 。

[Table Name] (テーブル名)

クエリーまたはスキャンするテーブルの名前を指定します。

[Use secondary index] (セカンダリインデックスを使う) このチェックボックスをオンにし、表示された [Index] (インデックス)フィールドで、データの取得に使うグローバルセカンダリーインデックス(GSI)を指定します。GSIを使うと、クエリーとスキャンのパフォーマンスが向上します。詳細については、AWSドキュメンテーションでUsing Global Secondary Indexes in DynamoDBをご覧ください。

[Use advanced key condition expression] (高度なキー条件式を使用する)

このチェックボックスをオンにし、表示された[Advanced key condition expression] (高度なキー条件式)フィールドで、テーブルまたはインデックスから読み取る項目を決定するために使うキー条件式を指定します。

[Key condition expression] (キー条件式)

読み取る項目を決定するためのキー条件式を指定します。[+]ボタンをクリックして、必要な数の行、キー条件式の各行を追加し、各式に次の属性を設定するために使われます。

  • [Key Column] (キーカラム): キーカラムの名前を入力します。

  • [Function] (ファンクション): キー条件式のファンクションを選択します。

  • [Value1] (値1): キー条件式で使う値を指定します。

  • [Value2] (値2): 選択したファンクションに応じて、必要に応じてキー条件式で使う2番目の値を指定します。

この表で定義されているすべての主要な条件を満たす項目のみが返されます。

このテーブルは、[Use advanced key condition expression] (高度なキー条件式を使用する) チェックボックスがオンの場合は使用できません。

フィルターの式を使用

クエリーまたはスキャン操作にフィルター式を使うには、このチェックボックスをオンにします。

[Use advanced filter expression] (高度なフィルター式を使用)

このチェックボックスをオンにして、表示される[Advanced filter expression] (高度なフィルター式)フィールドで、データがクエリーまたはスキャンされてから返されるまでの間に、データの絞り込みに使用されるフィルター式を指定します。

このチェックボックスは、[Use filter expression] (フィルター式を使用する)チェックボックスがオンの場合に使用できます。

フィルターの式

返される結果を絞り込むために使うフィルター式を指定します。[+]ボタンをクリックして、必要な数の行、フィルター式の各行を追加し、各式に次の属性を設定するために使われます。

  • [Column] (カラム): 結果の絞り込みに使用するカラムの名前を入力します。

  • [Function] (ファンクション): フィルター式のファンクションを選択します。

  • [Value1] (値1): フィルター式で使う値を指定します。

  • [Value2] (値2): 選択したファンクションに応じて、必要に応じてフィルター式で使う2番目の値を指定します。

この表で定義されているすべてのフィルター条件を満たす項目のみが返されます。

このテーブルは、[Use filter expression] (フィルター式を使用する)チェックボックスがオンで、[Use advanced filter expression] (高度なフィルター式を使用する)チェックボックスがオフの場合に使用できます。

[Value mapping] (値のマッピング)

式の属性値のプレースホルダーを指定します。

  • [value] (値): 式の属性値を入力します。

  • [placeholder] (プレースホルダー): 対応する値のプレースホルダーを指定します。

詳細は、式の属性値をご覧ください。

名前のマッピング

DynamoDBの予約語と競合する属性名のプレースホルダーを指定します。

  • [name] (名前): DynamoDBの予約語と競合する属性の名前を入力します。

  • [placeholder] (プレースホルダー): 対応する属性名のプレースホルダーを指定します。

詳細については、式の属性名をご覧ください。

詳細設定

[STS Endpoint] (STSエンドポイント)

このチェックボックスをオンにして、表示されたフィールドで、セッション認証情報の取得先とするAWS Security Token Service(STS)のエンドポイントを指定します。たとえばsts.amazonaws.comと入力します。

このチェックボックスは、[Assume role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[Signing region] (サインインリージョン)

STSサービスのAWSリージョンを選択します。リストにリージョンがない場合は、リージョン名を二重引用付きで入力します。デフォルト値はus-east-1です。

このドロップダウンリストは、[Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[External Id] (外部ID)

ロールの持ち主であるアカウントの管理者から外部IDを提供されている場合は、その値をここに入力します。[External Id] (外部ID)は、一定数のユーザーがロールを引き受けられるようにする一意の識別子です。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[Serial number] (シリアル番号)

ロールを引き受けた場合、そのロールの信頼ポリシーで多エレメント認証(MFA)が必要になることがあります。その際は、ロールを引き受けるユーザーに関連付けられているハードウェアや仮想MFAデバイスの識別番号を指定する必要があります。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[Token code] (トークンコード)

ロールを引き受けた場合、そのロールの信頼ポリシーで多エレメント認証(MFA)が必要になることがあります。その際は、トークンコードを指定する必要があります。このトークンコードは、MFAデバイスによって生成される時間ベースのワンタイムパスワードです。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[Tags] (タグ)

キー-値ペアという形式でセッションタグをリスト表示します。ポリシーでこれらのセッションタグを使えば、リクエストへのアクセスを許可したり拒否したりできます。

[Transitive] (推移的): このチェックボックスをオンにすると、タグがロールチェーンの次のロールまで存続することが示されます。

タグの詳細は、 AWS STSでのセッションタグの受け渡しをご覧ください。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[IAM Policy ARNs] (IAMポリシーARN)

マネージドセッションポリシーとして使うIAMマネージドポリシーのAmazon Resource Names(ARN)を入力します。マネージドセッションポリシーを使ってセッションの権限を制限します。このポリシーはロールと同じアカウントに存在することが必要です。結果として得られるセッションの権限は、そのロールのIDベースのポリシーとセッションポリシーの中間となります。

セッションポリシーの詳細は、ポリシーとアクセス許可で該当するセクションをご覧ください。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[Policy] (ポリシー)

セッションポリシーとして使うIAMポリシーをJSON形式で入力します。セッションポリシーを使ってセッションの権限を制限します。結果として得られるセッションの権限は、そのロールのIDベースのポリシーとセッションポリシーの中間となります。

セッションポリシーの詳細は、ポリシーとアクセス許可で該当するセクションをご覧ください。

このフィールドは、[ Assume Role] (ロールを引き受け)チェックボックスがオンになっている場合のみ利用できます。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

QUERY: 処理されているクエリーステートメント。これはFlow変数で、文字列を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、通常、ジョブまたはサブジョブの開始コンポーネントとして使い、常に出力リンクが必要です。