コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Amazon S3

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
https://talend.poolparty.biz/coretaxonomy/16
https://talend.poolparty.biz/coretaxonomy/17
https://talend.poolparty.biz/coretaxonomy/18
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3
Last publication date
2024-04-15

手順

  1. tS3Connectionをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Access Key] (アクセスキー)および[Secret Key] (シークレットキー)フィールドに、認証情報を入力します。
  3. tS3BucketExistをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
  5. [Bucket] (バケット)フィールドに、存在するかどうか確認するバケット名を入力します。
  6. [If]リンクをダブルクリックして条件を定義します。
  7. [Condition] (条件)ボックスに、以下の式を入力します:
    !((Boolean)globalMap.get("tS3BucketExist_1_BUCKET_EXIST"))
    こうすることで指定したバケットが存在しない場合は、残りのジョブが実行されます。
  8. tS3BucketCreateをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
    [Bucket] (バケット)フィールドに、作成するバケット名を入力します。
  9. tS3BucketListをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
  10. tIterateToFlowをダブルクリックし[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、1カラム、つまり文字列タイプの[bucket_list]を追加します。
    [Ok]をクリックしてセットアップを検証し、スキーマエディターを閉じます。
  12. [Mapping] (マッピング)エリアで[Ctrl+Space]キーを押し、[Value] (値)フィールドで変数tS3BucketList_1_CURRENT_BUCKET_NAMEを選択します。
  13. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))を選択して、結果を読みやすくします。