コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Amazon S3

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon S3

手順

  1. tS3Connectionをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Access Key] (アクセスキー)および[Secret Key] (シークレットキー)フィールドに、認証情報を入力します。
  3. tS3BucketExistをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
  5. [Bucket] (バケット)フィールドに、存在するかどうか確認するバケット名を入力します。
  6. [If]リンクをダブルクリックして条件を定義します。
  7. [Condition] (条件)ボックスに、以下の式を入力します:
    !((Boolean)globalMap.get("tS3BucketExist_1_BUCKET_EXIST"))
    こうすることで指定したバケットが存在しない場合は、残りのジョブが実行されます。
  8. tS3BucketCreateをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
    [Bucket] (バケット)フィールドに、作成するバケット名を入力します。
  9. tS3BucketListをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、接続を再利用します。
  10. tIterateToFlowをダブルクリックし[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、1カラム、つまり文字列タイプの[bucket_list]を追加します。
    [Ok]をクリックしてセットアップを検証し、スキーマエディターを閉じます。
  12. [Mapping] (マッピング)エリアで[Ctrl+Space]キーを押し、[Value] (値)フィールドで変数tS3BucketList_1_CURRENT_BUCKET_NAMEを選択します。
  13. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))を選択して、結果を読みやすくします。