Amazon SQSキューをリスト表示するジョブを作成する - Cloud - 8.0

Amazon SQS

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon SQS
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon SQS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon SQS

Amazon SQSにアクセスするための接続を開き、指定されたリージョン内のすべてのAmazon SQSキューのURLを反復してリスト表示し、最後にリージョン内のキューの総数を表示するジョブを作成します。

前提条件: このシナリオを複製するには、AWSリージョンにいくつかのAmazon SQSキューを作成する必要があります。この例では、下図に示すように、リージョンAsia Pacific (Tokyo)に、talendtalend-devtalend-doctalend-qaという4つのキューが作成されています。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、デザインワークスペースに名前を入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして、tSQSConnectionコンポーネント、tSQSQueueListコンポーネント、tIterateToFlowコンポーネント、tLogRowコンポーネント、tJavaコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Iterate] (反復処理)接続を使って、tSQSQueueListコンポーネントをtIterateToFlowコンポーネントにリンクします。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tIterateToFlowコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOk接続を使って、tSQSConnectionコンポーネントをtSQSQueueListコンポーネントにリンクします。
  5. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOk接続を使って、tSQSQueueListコンポーネントをtJavaコンポーネントにリンクします。