コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

ARFF

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ARFF
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ARFF
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ARFF
Last publication date
2024-02-28

手順

  1. tFileInputARFFをダブルクリックします。
  2. [Component] (コンポーネント)ビューの[File Name] (ファイル名)フィールドで、ディレクトリーを参照して.arffファイルを選択します。
  3. [Schema] (スキーマ)フィールドで、[Built-in] (組み込み)を選択します。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、読み取り対象のファイルに対応するカラムの説明を追加します。
  5. 必要な数だけボタンをクリックして、ソースファイルに従って必要なカラム数を作成します。次のようにカラムに名前を付けます。
  6. すべてのカラムに対して、[Nullable] (Null可能)チェックボックスがデフォルトで選択されています。すべてのカラムに対して、選択したチェックボックスをオンのままにします。
  7. [OK]をクリックします。
  8. ワークスペースで、tLogRowをダブルクリックしてその[Component] (コンポーネント)ビューを表示します。
  9. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマがプロパゲートされていることを確認します。プロパゲートされていない場合は、[Sync columns] (カラムを同期)ボタンをクリックします。