Azure ADLS Gen2ストレージにアクセス - Cloud - 8.0

Azure Data Lake Store

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント

このシナリオでは、Azure ADLS Gen2ファイルシステムにデータを書き込み、データを取得してから表示します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

このシナリオは、2つのサブジョブで構成されています。最初のサブジョブにはtFixedFlowInputコンポーネントおよびtAzureADLSGen2Outputコンポーネントが含まれています。Azure ADLS Gen2ファイルシステムにデータが書き込まれます。2番目のサブジョブにはtAzureADLSGen2InputコンポーネントとtLogRowコンポーネントが含まれています。データが取得され表示されます。

このシナリオでは、Shared Access Signature (SAS)認証を通じてMicrosoft Azureに接続します。Azure ADLSアカウントがあり、そのアカウントでファイルシステムが作成済みであることを前提としています。

注: Azure Storageリソースを管理するためのユーティリティ、Microsoft Azure Storage Explorerを使用してデータをモニタリングできます。関連情報は、Azure StorageExplorerをご確認ください。