Azure Data Lakeストレージにサンプルデータを書き込む - Cloud - 8.0

Azure Data Lake Store

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Data Lake Storeコンポーネント

手順

  1. tFixedFlowIput コンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。

    例え

  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. この画像に示すように、[+]ボタンをクリックしてスキーマカラムを追加します。

    例え

  4. [OK]をクリックしてこれらの変更を確認し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  5. [Mode] (モード)エリアの[Use Inline Content] (インラインコンテンツを使う)ラジオボタンを選択して、上記のサンプルデータを、表示されている[Content] (コンテンツ)フィールドに貼り付けます。
  6. [Field separator] (フィールド区切り)フィールドでセミコロン(;)を入力します。
  7. tFileOutputParquetコンポーネントをダブルクリックすると、[Component] (コンポーネント)ビューが開きます。

    例え

  8. [Define a storage configuration component] (ストレージ設定コンポーネントを定義)チェックボックスをオンにして、前のステップで設定したtAzureFSConfigurationコンポーネントを選択します。
  9. tFileOutputParquettFixedFlowInputと同じスキーマを持つように、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックします。
  10. [Folder/File] (フォルダー/ファイル)フィールドで、サンプルデータに保管するために使うData Lakeストレージフォルダーの名前を入力します。
  11. [Action] (アクション)ドロップダウンリストで、使用するフォルダーがAzure Data Lake Storageにまだ存在しない場合は[Create] (作成)を、このフォルダーが既に存在する場合は[Overwrite] (上書き)をそれぞれ選択します。