cBeanの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Bean (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント(メディエーション) > Beanコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント(メディエーション) > Beanコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント(メディエーション) > Beanコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcBeanを設定するために使います。

Standard cBeanコンポーネントはCustomファミリーに属しています。

基本設定

参照

cBeanRegisterによって登録されたJavaBeanを参照するには、このオプションを選択します。

表示されるIdフィールドに、JavaBeanのIDを入力します。

[New Instance] (新規インスタンス)

このオプションを選択して、[Repository] (リポジトリー)[Code] (コード)ノードに保管されているJavaBeanを呼び出します。

表示される[Bean class] (Beanクラス)フィールドに、Beanクラスの名前を入力します。

JavaBeansの作成と使用については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Specify the method] (メソッドを指定)

このチェックボックスをオンにして、Beanに含めるメソッドの名前を入力します。

使用方法

使用ルール

cBeanは、ルート内の開始、中間、または終了コンポーネントとして使えます。

制限事項

 該当せず