tBoxv2Listの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Box

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
Last publication date
2024-02-28

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtBoxv2Listを設定するために使われます。

標準tBoxv2Listコンポーネントは、Cloudファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、Talendが提供する8.0.1-R2023-04以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

  • [Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。
  • [Repository] (リポジトリー): プロパティが保存されているリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

このドロップダウンリストは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)オプションが選択されている場合は利用できません。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから、目的の接続コンポーネントを選択します。

[Authentication type] (認証タイプ)

認証タイプとして、JWT (JSON Web Tokenの省略形)と開発者トークンのいずれかを選択します。

JWT認証タイプの該当するフィールドに、次のパラメーターを入力する必要があります。
  • [Client ID] (クライアントID)[Client secret] (クライアントシークレット): Box APIへのアクセスで、Boxから求められるクライアンキーとクライアントシークレットを入力します。クライアントキーとクライアントシークレットを取得するためには、https://developers.box.com/でアカウントを作成し、使用するBoxアカウントの下にBoxアプリを作成する必要があります。クライアントキーとクライアントシークレットキーは、アカウントアプリケーション設定から取得できます。
  • [Public key ID] (パブリックキーID)
  • [Private key] (プライベートキー)
  • [Private key passphrase] (プライベートキーのパスフレーズ)
  • [Enterprise ID] (エンタープライズID)または[User ID] (ユーザーID)
JWT認証の詳細は、JWT Authをご覧ください。
注: クライアントシークレット、プライベートキー、プライベートキーのパスフレーズを入力するためには、該当するフィールドの横にある[...]ボタンをクリックして[Enter a new password] (新しいパスワードを入力)ダイアログボックスを表示させ、テキストフィールドにプライベートキーを入力して[OK]をクリックします。このキーは、[pure password] (純粋なパスワード)モードではJSON文字列で、[Java mode] (Javaモード)ではJava式として入力できます。テキストフィールドの上部にある[switch to Java mode] (Javaモードに切り替え)または[switch to pure password mode] (純粋なパスワードに切り替え)をクリックすることで、2つのモードの間で切り替えられます。

ドロップダウンリストから、[Developer token] (開発者トークン)を選択した場合は、[Developer token] (開発者トークン)フィールドに開発者トークンを入力します。開発者トークンの詳細は、Developer Tokensをご覧ください。

[Authentication type] (認証タイプ)ドロップダウンリストは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)が選択されていない場合に利用できます。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Guess Schema] (推測スキーマ)

このボタンをクリックすると、設定に応じたスキーマを取得できます。
[Box remote path] (Boxリモートパス)

Boxパスを入力します。Boxのパス下にあるファイルやフォルダーの情報がリスト表示されます。

Boxパスは、このフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、そのフォルダーに移動して指定することもできます。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Get folder by ID] (IDでフォルダーを取得)オプションが選択されていない場合に利用できます。

Box ID

リスト表示するファイル情報が含まれているフォルダーのBox IDを入力します。

Box IDは、このフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、そのフォルダーに移動して指定することもできます。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Get folder by ID] (IDでフォルダーを取得)オプションが選択されている場合に利用できます。

[List type] (リストタイプ) 情報をリスト表示するオブジェクトのタイプとして、[Files] (ファイル)[Folders] (フォルダー)[Both] (両方)のいずれかを選択します。

[Include subfolders] (サブフォルダーを含める)

このオプションを選択すると、指定されたBoxフォルダーのサブフォルダーにあるオブジェクトの情報もリスト表示できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[Fetch more information] (その他の情報をフェッチ)

このオプションを選択すると、指定されたフォルダーにあるオブジェクトに関するより詳細な情報を取得できます。これは、スキーマに余分なカラムを追加することで実行されます。

このオプションが選択されなかった場合、[Guess schema] (推測スキーマ)ボタンをクリックした後に生成されるスキーマにはIDNAMERELATIVE_PATHTYPEという4つのカラムが含まれます 。このオプションが選択された場合、同じ操作で生成されるスキーマにはIDNAMERELATIVE_PATHABSOLUTE_PATHLAST_MODIFIEDMODIFIED_BYSIZEというカラムが含まれます。

[Get folder by ID] (IDでフォルダーを取得) このオプションを選択すると、フォルダーをBox IDで指定できます。

グローバル変数

グローバル変数

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、単独で、または[Iterate] (反復処理)リンクや、OnSubjobOKなどのトリガーリンクを介して、他のコンポーネントと共に使えます。