バッファリングされたデータの取得 - Cloud - 8.0

Buffer

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Buffer components
データガバナンス > サードパーティーシステム > Buffer components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Buffer components

このシナリオでは、サブジョブからバッファリングされたデータを取得してコンソールに表示するジョブについて説明しています。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • [Palette] (パレット)からtFileInputDelimitedおよびtBufferOutputをデザインワークスペースにドロップします。

  • [Component] (コンポ―メント)ビューの[Basic Settings] (基本設定)タブでtFileInputDelimitedを選択し、アクセスパラメーターを入力ファイルに設定します。

  • [File Name] (ファイル名)フィールドで、バッファリングされたデータを保持する区切りファイルを参照します。

  • [Row] (行)[Field separators] (フィールド区切り)、および[Header] (ヘッダー)を定義します。

  • [Edit schema] (スキーマを編集)フィールドの横にある[...]をクリックしてファイルの構造を記述します。

  • tBufferOutputコンポーネントに渡されるデータの[Schema] (スキーマ)について説明します。

  • tBufferOutputコンポーネントを選択し、[Component]ビューの[Basic Settings] (基本設定)タブでパラメーターを設定します。

注:

通常、スキーマは入力コンポーネントからプロパゲートされ、自動的にtBufferOutputスキーマに送られます。ただし、必要に応じてスキーマの一部をバッファリングすることもできます。

  • [Palette] (パレット)からtBufferInputおよびtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースで作成したサブジョブの下にドロップします。

  • [Trigger] (トリガー) > [OnSubjobOk] (サブジョブ時OK)リンクを使用してtFileInputDelimitedtBufferInputに接続し、[Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使用してtBufferInputtLogRowに接続します。

  • tBufferInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューの[Basic settings] (基本設定)を設定します。

  • [Basic settings] (基本設定)ビューで、[Edit Schema] (スキーマを編集)フィールドの横にある[...]をクリックして、ファイルの構造を記述します。

  • tFileInputDelimitedコンポーネントに対して定義されているスキーマを使用し、[OK]をクリックします。

  • tBufferInputコンポーネントのスキーマは、自動的にtLogRowにプロパゲートされます。そうなっていない場合は、tLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを表示して、[Sync column] (カラムの同期)をクリックします。

  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

標準コンソールでは、バッファーメモリ-から取得されたデータが返されます。